CSR活動

CSR

社会と永く、共にある会社でありたい。
わたしたちは持続的共生に取り組んでいます。

CSR方針

当社は、CSR最優先企業として、従来のコンプライアンス・CSR活動の継続・強化とともに社会との持続的共生を目指し活動にも積極的に取り組んでいます。

CSRの取り組み概要

コンプライアンス・CSR活動を継続し、さらに環境対応やコーポレート・ガバナンス、社会貢献活動など、「社会と永く共生すること」を強く意識した活動に取り組んでまいります。
「コーポレート・ガバナンス」については、内部統制に対する整備をはじめ、全社的な取り組みを着実に推進しています。
「社会貢献活動強化」については、全社的な活動方針に基づき従来の活動を継続・強化させるとともに、社員一人ひとりが参加できる仕組みの構築など、活動の充実に向けた基盤整備を進めています。
これらの取り組みの中には、社内内部監査委員会を設け、指導・改善を図っています。

CSR活動の考え方

当社では、法令、社内規定の遵守はもちろんのこと、変化する社会規範についても最大限に尊重して行動する企業倫理の遵守に取り組んでいます。
企業倫理の遵守に基づき企業理念を実践し、皆様の信頼を得ながら社会環境への貢献を継続的に行っていくことで「人・社会・地球と共にする未来」を目指しています。

社会貢献活動

  1. 私達は、三菱自動車グループの一員として『三菱自動車社会貢献活動』と連動し積極的に社会貢献活動を推進しています。一人ひとりでは小さな力でもみんなで力を合わせて取組めば大きな力に変わります。
  2. 交通遺児や自然災害等による被災地への支援など『一人の思いを大きな支援に』を合言葉に社員一人ひとりが社会とのきずなを大切に活動を続けています。

三菱自動車STEP募金

社員が継続的に社会貢献できる仕組みとして、2010年より定額募金制度「三菱自動車STEP募金」を導入し、三菱自動車グループで働く人々が任意に毎月の給与および一時金から定額を継続的に募金し、積み立てた募金は三菱自動車の社会貢献活動方針に基づき有効に役立てられています。

支援先
【1】「交通安全絵本」プロジェクト

国内事業所所在地区の小学校や図書館等に「交通安全絵本」(全6巻)を寄贈する活動です。「交通安全絵本」は小学校の子どもたちに交通安全に関するルールやマナーをわかりやすく知ってもらうために活用されます。

上の写真は、京都市の小学校の子どもたちに絵本を寄贈しているところ。寄贈後は、子どもたちから歌のプレゼントを頂きました。
交通安全絵本」(全6巻)のかわいい表紙
【2】「森の積み木」プロジェクト

間伐材で作られた積み木を幼稚園や保育園に寄贈する活動です。積み木は創造性や気づく驚きと喜びを育む玩具として今もなお知育玩具として愛用されています。

間伐材で作られた「自然に優しい積木」に園児たちは興味津々でした。
プレゼントした積み木

ステナイ生活

身の回りに眠っているが、無意識に捨ててしまっている物品(切手・はがき・本・CD・DVD・外貨紙幣など)をみんなで持ち寄り、世の中に役立てる活動です。集められたものは、特定非営利活動法人「シャプラニール=市民による海外協力の会」に寄付し、バングラディッシュやネパールの都市で過酷な労働を強いられている子供達を支援する「子供の夢基金」に活用されます。ベルマークは、教育助成財団を通じて、日本における学校の備品購入など、教育支援活動に役立てられています。

チア・バトン スクール

将来のチアやバトン・ダンスを目指す子どもたちに、自分を表現することの楽しさを体感しながら、規律やルールの修得、仲間と協力し合って一つになることの協調性と思いやりの心の大切さを育んでいきます。